読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グラフィックの購入をご検討ならココ!ナンバースポーツの購入ならココのお店 2017年度

本田武史さんと鈴木明子さんの対談はいいのですが、そこでの選手達の写真の掲載の仕方が悪すぎます。表紙の羽生選手の写りもピントがボケています。記事内容!写真。

イマが買い時♪

2017年03月29日 ランキング上位商品↑

スポーツ グラフィック ナンバーSports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2015年 4/16号 [雑誌]

詳しくはこちら b y 楽 天

とにかく!羽生結弦さんの表紙の写真が目を惹きます。前回の表紙をいいとてもツボです。とても満足しました!羽生選手ファンなら買い☆他の雑誌と比べると紙質はよくありません。 半分は他のスポーツの記事なので、フィギュアスケートだけしか興味の無い私は今後の購入は多分無いと思います。 写真メインの本では無いのは解りますがこれは無いです。新女王の座は、異次元のトリプルアクセルを見事に成功させた“元天才少女”が掴んだ。表紙は羽生選手ですが!お目当ては引退してしまった町田樹くん。ほんの数ページでしたが!納得の特集だったので注文しました。美しきスケーターたちの激闘と歓喜の軌跡が記さした記事などが掲載されています。羽生選手にとってとても苦しいシーズンでしたが!とにかくこの表紙に一目ぼれして購入しました。 フィギュアスケートのページは半分位でその中で羽生クンのページはオーサーコーチの記事を含めて18ページです。新聞に広告が載っていたので!すぐ本屋で内容確認をしました。購入後未だ内容はよく見ていませんけれども、表紙の美しさに惹かれて購入しました。ただ!中の記事はとてもしっかりしています。 今まで読んだ事の無い記事もあったので良かったです。来シーズンへと雪辱を誓う者もいれば、リンクを去る決断を下した者もいる。今号は!「Figure Skating Final 2014-2015」ソチ五輪王者は!幾多の試練を乗り越え!上海のリンクに立つも!同門のライバルに敗れた。次回をまた期待してます。毎号欠かさず購入しています。 後は良かったのにこれだけが残念です。かっこいい!!レビューがすごく良かったので どんな本なのかなと興味津々でした。読み物としてなら買いだと思います。記事の内容も良くて、充実の1冊!。「Number」は初めて買いました。